分布域の変動と群落の光環境の解明(596)

分布域の変動と群落の光環境の解明(596)

課題番号1993004650
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間完H02〜H04
年度1993
研究問題温暖多雨地帯における森林育成・管理技術の高度化
大課題常緑広葉樹用材林の育成技術の確立
中課題天然更新と保育技術の開発
小課題分布域の変動と群落の光環境の解明(596)
摘要沖縄県西表島の仲間川河口と浦内川河口のマングローブ林を対象とし、リモートセンシングによる分布の解析を行った。マングローブ域は赤外域において他の常緑広葉樹と比較し反射率が低く、近赤外バンドが有効であった。最尤法によって分類したところ、仲間川河口では周辺がオヒルギ、中央がヤエヤマヒルギという分布が明確であった。しかし、浦内川河口ではマングローブ林が発達段階であり、樹冠が疎であるところでは露出土壌や河川として誤分類された場合も多かった。リュウキュウマツとヤエヤマヒルギの反射特性は類似し、部分的に適切な分類を妨げた。これらの結果をもとに地表被覆分類図を作成し、それぞれの分布面積を推定した。
研究分担九州・経営研暖帯研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030035627
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat