モリシマアカシアの超短伐期成長限界林の造林技術(599)

モリシマアカシアの超短伐期成長限界林の造林技術(599)

課題番号1993004653
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H03〜H07
年度1993
研究問題温暖多雨地帯における森林育成・管理技術の高度化
大課題常緑広葉樹用材林の育成技術の確立
中課題天然更新と保育技術の開発
小課題モリシマアカシアの超短伐期成長限界林の造林技術(599)
摘要モリシマアカシアの省力的多収穫技術の確立を目指して、6月にじかまきによる試験地造成を試みたが、播種後気候条件に恵まれたにもかかわらず必要とする本数の実生定着が得られなかった。これは強雑草の影響によるものと考えられ、畑地化した場所ではじかまきによる造林は困難と判断された。皆伐跡地の施業試験では残存枝条を消却した箇所から稚樹が集団発生し、火入れが稚樹の発生を助長することが明らかになった。ガモシス被害調査では、経済林としては成立しないようなせき悪地において被害はでにくく優良林分として成立する可能性は高いものの、10年を経過すると被害率が高まり急速に衰退すると推測された。初期のガモシス被害部から細菌が高い頻度で分離された。新たに根株腐朽被害も重要な衰退要因であることが明らかになった。
研究分担九州・樹病研暖帯研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030035630
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat