長期観測データを用いたフィルター分離AR法による水流出特性の解明

長期観測データを用いたフィルター分離AR法による水流出特性の解明

課題番号1993004695
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間単H04〜H04
年度1993
研究問題九州地域における森林の多目的利用技術の高度化
大課題多雨地帯における水土保全および環境保全のための森林管理技術の向上
中課題水源地帯の森林理水機能の解析
小課題長期観測データを用いたフィルター分離AR法による水流出特性の解明
摘要九州地域の去川理水試験地を対象にフィルター分離AR手法を用いて、水文諸条件の変化に伴う流出パターンの推移を解析し、水流出特性を解明することを目的とする。1)長期流量観測資料のデータベース化、2)フィルター分離AR法による各種水文諸条件に対応した流出システムの同定、3)流出再現性の評価。を実施した。解析の結果、システムの同定は、比較的良好であったが、地下水流出成分については伐採による変化は見出せなかった。中間流出成分を伐採前後で比較すると全体的に伐採前がやや高くなっており、伐採による森林の流出平準化機能の低下が暗示されるが、これが伐採による流出平準化機能低下の証左となるかは今後さらに資料を増して検討する必要がある。伐採前後で同じ水文条件の場合、流出率ならびにAR係数について伐採後が大きい資料が見られた。これは伐採による蒸発散量(損失量)の減少を反映しているものと思われる。以上の結果は営林局等の暖温帯地域における広葉樹林分流域での伐採等森林施業確立に資する。
研究分担九州・防災研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030035672
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat