木材中の水分と圧電緩和(667)

木材中の水分と圧電緩和(667)

課題番号1993004726
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H02〜H06
年度1993
研究問題木材の加工・利用技術の高度化
大課題木材特性の解明
中課題木材の熱・水分特性の解明
小課題木材中の水分と圧電緩和(667)
摘要ヘミセルロースの圧電・誘電・力学温度特性の測定および二相モデルによる圧電緩和の計算、放湿過程における圧電挙動について検討した。ヘミセルロースは、非晶質であるため圧電分散は観測されていないが、誘電や力学では低温域で緩和を観測した。二相系モデルによる計算で、低温域では分散の位置が圧電相の分散の位置とよく対応しており、低温での緩和は圧電相によるものであると推測した。高温域ではセルロースの結晶など変質する可能性があるため、検討する必要がある。放湿過程では、圧電率の挙動が含水率とともに変化する傾向を示した。
研究分担木材利用・物性研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030035703
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat