大断面部材の集成加工技術の開発(682)

大断面部材の集成加工技術の開発(682)

課題番号1993004741
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H02〜H05
年度1993
研究問題木材の加工・利用技術の高度化
大課題木材の加工技術の改良・開発
中課題集成加工技術の高度化
小課題大断面部材の集成加工技術の開発(682)
摘要実大のカラマツ集成材(断面15cm×30cm)および直交積層床板(断面45cm×10cm)の材端面に帯鋸を用いて約3mm幅、20〜30mm間隔でスリット加工を施し、材端面を長手方向および直交方向に突き合わせ、各スリットにエポキシ樹脂接着剤を塗布した2mm厚のFRP板を挿入して接着硬化させた。FRP板挿入ガセット接着法による集成材の通直継手および直交仕口では、適正なガセット寸法をとればカラマツ集成材の材料強度に近い接合強度を得ることができる。直交積層床板の一層おきの通直継手でも、外層に適当なガセット寸法をとれば、床板(カラマツ製材品)の材料強度に近い接合強度を得ることができる。
研究分担木材利用・集成研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030035718
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat