低毒性防腐・防虫剤の効力評価と開発(727)

低毒性防腐・防虫剤の効力評価と開発(727)

課題番号1993004792
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継S00〜S00
年度1993
研究問題木質系資源の改質・成分利用技術の高度化
大課題木材の材質改良技術の開発
中課題木質材料の耐朽性の評価と防腐・防虫処理技術の開発
小課題低毒性防腐・防虫剤の効力評価と開発(727)
摘要シロアリに病原性の昆虫寄生菌3種を供試菌とし、振とう培養による大量培養を行った後、窒素源を添加したブナ木粉に接種し、イエシロアリが営巣する東京都小笠原村内の樹木に投与し、1週間後の状態を観察した。殺虫効果の確認が出来たのは、モクマオウ生木中にメタルヒジウム菌を投与した場合と、リュウキュウマツ枯損木中にペシロミセス菌を投与した場合の2箇所だけであった。前者は通常のアリに入れ替わっていてた。他の場合は蟻道を取って木の表面に貼付けただけの投与のため、期間中連日のように降った雨の影響もあり、ほとんどが殺虫効果を持たなかったか、投与した部分を避けて生育していた。
研究分担木材化工・防腐研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030035769
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat