木材多糖類から微生物・酵素利用によるオリゴ糖の生産(766)

木材多糖類から微生物・酵素利用によるオリゴ糖の生産(766)

課題番号1993004829
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H02〜H06
年度1993
研究問題木質系資源の改質・成分利用技術の高度化
大課題樹木の化学成分特性の解明と高度利用法の開発
中課題微生物・酵素新利用技術の開発
小課題木材多糖類から微生物・酵素利用によるオリゴ糖の生産(766)
摘要広葉樹の蒸煮・爆砕処理材の水可溶部から得られるキシロオリゴ糖試料には、キシロビオースからキシロオクタオースまでの一連のオリゴ糖の外にかなりのキシロースが含まれている。酵母Candida属3株を用いて、蒸煮材水可溶部からのキシロオリゴ糖混合物からキシロースを選択的に除くことを試みた。培養期間を限定することにより、キシロースを選択的に除去することは可能であったが、増殖が進むといずれの株によってもキシロトリオース以下のオリゴ糖までが資化されることがわかった。
研究分担木材化工・酵素利用研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030035806
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat