Phanerochaete chrysosporiumの多糖類分解酵素の構造と機能(767)

Phanerochaete chrysosporiumの多糖類分解酵素の構造と機能(767)

課題番号1993004830
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間止H03〜H04
年度1993
研究問題木質系資源の改質・成分利用技術の高度化
大課題樹木の化学成分特性の解明と高度利用法の開発
中課題微生物・酵素新利用技術の開発
小課題Phanerochaete chrysosporiumの多糖類分解酵素の構造と機能(767)
摘要Trichoderma viride CBH■に対する精製抗体を用いて、担子菌類の生産する酵素系にCBH■成分が存在するかどうかELISAで調べたところ、白色腐朽菌の少なくとも一部には交差反応が認められた。そこで、最も抗体と反応したPhanerochaete chrysosporiumを用いて、セルラーゼと抗体が実際に反応しているのかを確認するために、グルコース培地から生産された酵素系との反応を調べてみた。セルラーゼを生産しないグルコース培地から得られた酵素では、CBH■抗体と全く反応しないことが認められた。担当者が退職のため中止とする。
研究分担木材化工・酵素利用研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030035807
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat