結晶性セルロースのセルラーゼによる加水分解機構の解明(768)

結晶性セルロースのセルラーゼによる加水分解機構の解明(768)

課題番号1993004831
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H04〜H08
年度1993
研究問題木質系資源の改質・成分利用技術の高度化
大課題樹木の化学成分特性の解明と高度利用法の開発
中課題微生物・酵素新利用技術の開発
小課題結晶性セルロースのセルラーゼによる加水分解機構の解明(768)
摘要木材の主要成分の一つであるセルロースは、種々の動植物に含まれ、天然界のセルロースはその結晶系の相違から海藻−バクテリア型のセルロースIαとコットン−ラミー型のセルロースIβに分類される。セルロースはその起源の相違から、酵素による分解性に違いがあった。結晶化度、結晶領域の大きさ、試料の表面のアクセシビリティーの相違など様々な原因が考えられてきたが、結晶系の相違もその原因となることが明らかになった。セルロースIαの方がセルロースIβよりも容易にTrichoderma系セルラーゼによって分解された。このことは、電子線回折、赤外吸光スペクトルによって確認した。
研究分担木材化工木材利用・酵素利用研組織研(部長)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030035808
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat