針葉樹の抽出成分特性(769)

針葉樹の抽出成分特性(769)

課題番号1993004832
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継S60〜H06
年度1993
研究問題木質系資源の改質・成分利用技術の高度化
大課題樹木の化学成分特性の解明と高度利用法の開発
中課題樹木抽出成分の特性解明と利用開発
小課題針葉樹の抽出成分特性(769)
摘要林地や工場の残廃材を精油原料として評価すること、および、新規開発の樹木精油抽出装置の性能試験のため、ヒノキ鋸屑、チップ、サワラ枝葉油の蒸留試験を行い、得られた精油及び蒸留ドレイン回収油の成分分析をした。GCMS分析でヒノキ油から46種、サワラ油から36種のテルペン類が同定された。ヒノキチップ精油の主成分はアルファピネンで、蒸留2時間で44.1パーセント(以下同じ)、4時間で31.2を占める。鋸屑からの精油はモノテルペンは減り、セスキテルペンが多量成分である。サワラ枝葉精油はアルファピネン32.7、デルター3−カレン16.2、ミルセン22.3、酢酸ボルニル10.8とモノテルペンが大量成分であった。
研究分担木材化工・成分研抽出研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030035809
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat