稚幼樹の成長と光合成特性(779)

稚幼樹の成長と光合成特性(779)

課題番号1993004842
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間完H03〜H04
年度1993
研究問題生物機能の解明による新利用技術の開発
大課題林木の生理機能及び遺伝子発現調節機構の解明
中課題林木の生理機能の調節機構の解明
小課題稚幼樹の成長と光合成特性(779)
摘要異なる光・温度条件下で生育した稚幼樹(タブ)の成長・光合成特性について調べた。タブの伸長成長は不連続型を示し、生育温度が高いほど促進された。伸長成長の停止時期は生育温度が低いほど早かった。低い生育温度での芽生えでは光合成の最適温度が低くなり、高い生育温度の芽生えでは最適温度も高くなった。赤色光域を除去した光環境下の芽生えは節間が長くなった。光量・光質処理された芽生えの葉は濃緑色となり、スロー蛍光感応曲線においてPピークが低く、Mピークが高くなる傾向を示した。
研究分担生物機能・生理機能研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030035819
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat