RFLP利用によるスギ有用形質の早期検定法の開発

RFLP利用によるスギ有用形質の早期検定法の開発

課題番号1993004850
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間新H05〜H07
年度1993
研究問題生物機能の解明による新利用技術の開発
大課題林木の生理機能及び遺伝子発現調節機構の解明
中課題林木の遺伝子の構造解析と発現調節機構の解明
小課題RFLP利用によるスギ有用形質の早期検定法の開発
摘要スギはわが国で最も重要な造林樹種の一つであり、成長量、材質などに対して従来から育種が進められてきた。また、最近では花粉症や気象害などに対して新たに育種的対応をはかる必要も生じている。しかし、永年性作物であるためこれまでに開発されている遺伝マーカーが少なく、連鎖地図も作製されていない。RFLP法やRAPD法を利用してスギの連鎖地図を作製し、着花性、矮性などの有用形質と連鎖するDNAマーカーを探索し、スギの有用形質の早期検定法の開発をおこなう。
研究分担生物機能・遺伝分析研遺発研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030035827
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat