きのこ遺伝子の構造と機能の解明(813)

きのこ遺伝子の構造と機能の解明(813)

課題番号1993004878
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継S61〜H07
年度1993
研究問題生物機能の解明による新利用技術の開発
大課題きのこの生物機能及び遺伝資源の高度利用技術の開発
中課題きのこ類の新育種技術の開発
小課題きのこ遺伝子の構造と機能の解明(813)
摘要RFLP(制限酵素断片長多型)分析のためのきのこミトコンドリアDNA(mtDNA)の簡易調製法を開発した。この調製法と、制限酵素BglII等を用いたmtDNAのRFLP分析を組み合わせることで、きのこ菌株の新しい品種判別法を開発した。栽培品種を含むナメコ28菌株のRFLP分析の結果より、ナメコmtDNAの大きさを90〜100kbpと算定した。また、菌株に共通するBglII制限酵素断片が5種類(17、14.8、10.2、8.4、3.7kbp)あり、これらは、種の同定に利用できることが分かった。さらに、Jaccard係数等3種の係数を用いてナメコmtDNAのRFLPパターンの類似度を求め、クラスター分析を行った結果、菌株は17株と11株よりなる二組にクラスター化された。この結果は、ナメコの地理的分化及び分化の方向性を示唆した。
研究分担生物機能・きのこ育研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030035855
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat