高木に含まれる環境形成物質の摘出(815)

高木に含まれる環境形成物質の摘出(815)

課題番号1993004880
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H01〜H05
年度1993
研究問題生物機能の解明による新利用技術の開発
大課題森林植物及び微生物の生物機能解明と高度利用法の開発
中課題森林植物が生産する環境形成物質の機能の解明
小課題高木に含まれる環境形成物質の摘出(815)
摘要馬尾松の葉油含量は1.27ml/100g乾燥葉で、湿地松、柳杉、福建柏、南洋杉等の中国福建省地方に生育する樹木の葉油含量が0.5ml/100g以下であるのに比べると高く、葉油採取原料として十分利用できる。馬尾松葉油、材油含量ともに樹齢の大きい方が高い値を示した。葉油、材油の成分分析の結果、それぞれ33成分、30成分を同定した。いずれもα−ピネン含量が高く50%前後を占めていた。クヌギ、コナラ、スギ、竹、ヤシガラ、モミガラ、ゴム、オイルパームの炭化過程で得られる木酢液の成分分析を行った。クヌギでは排煙温度80−130℃、130−220℃に分け木酢液を採取した。アセトン、酢酸含量が前者の方で高かった。
研究分担生物機能・活性研(科長)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030035857
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat