樹木クラウンゴールの細胞壁生成機構の解明

樹木クラウンゴールの細胞壁生成機構の解明

課題番号1993004892
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間単H05〜H05
年度1993
研究問題生物機能の解明による新利用技術の開発
大課題森林植物及び微生物の生物機能解明と高度利用法の開発
中課題木本植物細胞の伸長・分化機構の解明
小課題樹木クラウンゴールの細胞壁生成機構の解明
摘要双子葉植物の多くに発生する根頭がん腫病はグラム陰性土壌菌によって引き起こされる。病気の直接の原因は細菌そのものではなく、細菌中に宿るTiプラスミドによって引き起こされ、植物分子生物学では、ベクターとして盛んに用いられている。しかし、腫瘍化という大きな形態の変化の担い手は細胞壁の化学構造の変化であるにもかかわらず、根頭がん腫病の患部の化学構造や組織学的研究はほとんどなされていない。本研究は、ポプラのクラウンゴールと正常な細胞から成長を制御している細胞壁をそれぞれ単離し、細胞壁成分の化学構造を特徴付けるとともに、細胞壁の組織学的特徴を明らかにすることを目的とする。樹木形成層は盛んに細胞分裂を行い、クラウンゴールと類似した点が多いので、腫瘍細胞の細胞壁生成機構を解明することにより、木本植物の細胞壁生成機構を解明する糸口とする。
研究分担生物機能木材化工木材利用・生化研組織研木化研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030035869
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat