リグニン中のエーテル結合開裂酵素の検索と精製

リグニン中のエーテル結合開裂酵素の検索と精製

課題番号1993004898
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間新H05〜H09
年度1993
研究問題生物機能の解明による新利用技術の開発
大課題森林植物及び微生物の生物機能解明と高度利用法の開発
中課題微生物による樹木成分分解機構の解明とその利用技術の開発
小課題リグニン中のエーテル結合開裂酵素の検索と精製
摘要木材主要成分の1つであるリグニンを白色腐朽菌がよく分解できることは知られているが、分解酵素系については一部しか明らかにされていない。リグニンの主要結合様式であるエーテル結合に関してはパーオキシダーゼ、ラッカーゼ等の酸化酵素が一部分解することが明らかにされたが、メトキシル基の開裂、側鎖エーテル結合の開裂酵素についてはまだ不明な点が多く、もう少し効率的な酵素系が存在しているものと推定される。本課題においては、はじめにメトキシル基開裂を行うオキシゲナーゼ系の酵素を中心に酵素系を探索し(5〜7年度)、側鎖エーテル結合の開裂に作用する酵素についても追究する(8〜9年度)。本研究を進めるにあたり2次元電気泳動を解析するためデンシトメーターを整備する必要がある。
研究分担生物機能・微化研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030035875
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat