アカシア類の耐寒性の解明(831)

アカシア類の耐寒性の解明(831)

課題番号1993004903
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H03〜H05
年度1993
研究問題森林遺伝資源の保全と利用の高度化
大課題森林植物の遺伝的評価と高度利用技術の開発
中課題林木の形質の遺伝分析
小課題アカシア類の耐寒性の解明(831)
摘要1992年3月26日に、耐凍性と脂質を調査した。モリシマアカシア、フサアカシアが−5〜7℃の耐凍性を示し、ネムノキとニセアカシアは−10℃以上の耐凍性を示していた。フォスファチジルエタノールアミン(PE)で、モリシマアカシア、フサアカシアとネムノキ、ニセアカシアで大きな違いがみられる。フォスファチジルコリンは大きな差がみられなかった。11月下旬ではモリシマアカシア、フサアカシアが−5〜7℃の耐凍性を示し、ネムノキとニセアカシアは−10℃以上の耐凍性を示した。12月下旬ではモリシマアカシア、フサアカシアが−7〜10℃の耐凍性で、ネムノキとニセアカシアは−13℃以上の耐凍性を示した。脂質では、PEにおいて量と脂肪酸組成で、種間に大きな差がみられた。
研究分担生物機能・遺伝分析研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030035880
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat