量的形質の統計遺伝的解析(835)

量的形質の統計遺伝的解析(835)

課題番号1993004907
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間完H01〜H04
年度1993
研究問題森林遺伝資源の保全と利用の高度化
大課題森林植物の遺伝的評価と高度利用技術の開発
中課題林木集団における遺伝的変異の保有機構の解明
小課題量的形質の統計遺伝的解析(835)
摘要サシキの発根率等の計数データで遺伝率を求める場合は、発根したもの1、発根しなかったもの0として求められる。しかし、この値と、選抜対象集団の標準偏差及び選抜強度に基づく標準選抜差の積として得られる遺伝獲得量の算出には、標準選抜差の値が正規分布を前提として作成されているので、適用には疑問がある。このため、実際に得られたデータを用い、遺伝獲得量を算出し、その有用性を確かめた。複数家系のデータを分散分析して遺伝率を求める場合は、実験計画にしたがった植栽地からのデータが必要である。しかし、このようなデータは得難いので、複数家系を展示的な意味で植栽した反復のない箇所のデータを用いて遺伝率を求める方法を開発した。
研究分担生物機能・集団遺伝研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030035884
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat