熱帯林の森林型区分と構成種の特性(856)

熱帯林の森林型区分と構成種の特性(856)

課題番号1993004929
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
他機関熱研【高橋正通】
研究期間完H02〜H04
年度1993
研究問題地球規模における森林資源の特性及び保全方法の解明
大課題海外の森林資源情報の体系化及び森林資源の保全方法の解明
中課題地球環境保全のための森林造成・保全方法の解明
小課題熱帯林の森林型区分と構成種の特性(856)
摘要熱帯林の種多様性とその維持機構を明らかにするには、個々の種の生活史特性を明らかにする必要がある。そのためには長期の観察に耐えられる大型の試験地を設定し、種子生産,種子散布、実生の定着、幼木の成長から個体の成熟までの人口動態学的なデータをとる必要がある。半島マレーシアのセマンコック保護林に6haの試験地を設定し、胸高直径5cm以上の全ての樹木をマーキングし、胸高直径を測定した。実生・幼木調査用のサブコードラート(1x4m)を設置し、高さ2m以上の個体の胸高直径と2m以下の個体の高さを測定した。また100個の種子トラップの設定を完了した。現在樹種の同定中である。試験地は丘陵フタバガキ林で、特に尾根部にはセラヤ(Shorea curtisii)が優占する。2haの測定木1790本中、約90%の同定が終了し、49科、147属、310種の樹木が確認された。この森林群集を構成する樹種は、個体数から4グループ に、最大胸高直径から4タイプの生活形に分けられた。
研究分担森林環境生産技術東北・育林研群落研更新研種生態研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030035906
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat