未利用樹種の加工特性(870)

未利用樹種の加工特性(870)

課題番号1993004942
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H04〜H06
年度1993
研究問題地球規模における森林資源の特性及び保全方法の解明
大課題海外の森林資源情報の体系化及び森林資源の保全方法の解明
中課題海外の森林資源の有効利用方法の解明
小課題未利用樹種の加工特性(870)
摘要熱帯降雨林の保存と木材生産国の健全な経済発展とを両立させていくためには、持続可能な森林の管理が不可欠とされている。従来、有用な木材資源のみを伐採、利用してきたという反省に立ち、今後は、いままで利用価値が低いとされてきた樹種や未利用の木材資源を有効に利用していくことがきわめて重要である。熱帯産材の材質及び加工利用適正に関しては、多くの樹種について研究成果が蓄積されてきているが、これらの成果を実用的な形に整理し直すとともに、東南アジア各国の研究成果や資料を収集し、未利用材の有効利用に資するためのデータベースを作成する。昨年度に引き続いて森林総合研究所研究報告から主要なデータを拾いだし、これを一定のフォーマットで作表した。次年度以降は木材の主要な用途とそこで要求される材質との関係を整理し、樹種別に適当と考えられる最終用途を提示する。
研究分担企画調整・資源チーム
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030035919
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat