カンキツの塩分抵抗性の品種間差異(4)

カンキツの塩分抵抗性の品種間差異(4)

課題番号1993001147
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間継H03〜H05
年度1993
研究問題果樹の品種と台木の育成
大課題果樹の品種育成
中課題果樹の育種素材の探索と作出
小課題カンキツの塩分抵抗性の品種間差異(4)
摘要口之津支場内のカンキツ樹について、潮風害を受けた後の落葉状況により、その品種間差異を調査した。その結果、非常に落葉し易いものはカラタチ、シトレンジ、ナガキンカン、レモンで、落葉し易いものはスイートオレンジ類、ポンカン、大部分のタンゴール、タンゼロ類であった。一方、ヒュウガナツ、サンボウカンは落葉が比較的少なく、イヨカン、セミノール、ウンシュウミカン、シィクワシャー、タチバナは最も落葉が少なかった。また、13品種の2年生珠心胚実生を供試して塩水処理試験を行い、落葉、葉の枯死、樹幹の枯死を指標に検討した結果、ユズ、シキキツ、ナツミカンが弱く、ウンシュウミカンが強いこと等が判明した。
研究分担口之津・育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030035923
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat