カンキツ類のフラボノイド新機能成分育種における選抜法の開発

カンキツ類のフラボノイド新機能成分育種における選抜法の開発

課題番号1993001149
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間新H05〜H09
年度1993
研究問題果樹の品種と台木の育成
大課題果樹の品種育成
中課題果樹の育種素材の探索と作出
小課題カンキツ類のフラボノイド新機能成分育種における選抜法の開発
摘要かんきつ類のフラボノイド類には保健機能、味覚機能、耐病虫性機能などの未利用の機能があり、このような新しい機能に着目した育種を効率的に行うため、DNAマーカーによる幼苗選抜法の確立をめざす。そのため、フラボノイド代謝に関与する基幹合成酵素遺伝子及び個別成分の合成、分解酵素遺伝子の情報を解析し、その機能を識別する遺伝子マーカーを探索する。そして、PCR法などの簡易な検定法を策定し、遺伝資源の素材の選抜を行うとともに、育種における交雑個体の幼苗検定を試み、DNAマーカーによる選抜事例を作るための研究を行う。
研究分担興津・育種1研育種2研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030035925
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat