リンゴの諸形質の遺伝様式の解明(8)

リンゴの諸形質の遺伝様式の解明(8)

課題番号1993001152
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間継S54〜H07
年度1993
研究問題果樹の品種と台木の育成
大課題果樹の品種育成
中課題果樹の遺伝様式の解明
小課題リンゴの諸形質の遺伝様式の解明(8)
摘要リンゴは来歴不明や両親不明の品種が多く、しかも遺伝的にヘテロであるため、諸形質の遺伝関係の解明には困難を伴うが、育種能率を向上させるためにはこの解明が不可欠である。本試験ではウドンコ病抵抗性の遺伝関係について検討した。抵抗性のミツバカイドウと罹病性のM系台木のF1実生にM系台木を戻し交雑した組合せでは、罹病性と抵抗性がほぼ1:1に分離した。ミツバカイドウとM系台木のF1実生にミツバカイドウを交雑した結果、大多数の実生が抵抗性を示した。ミツバカイドウとM系台木のF1実生間の交雑では罹病性と抵抗性がほぼ1:3に分離した。罹病性品種間の交雑では大部分の実生が罹病性を示した。これらの結果からミツバカイドウ由来のウドンコ病抵抗性は単一の優性遺伝子によって支配されていると考えられた。
研究分担盛岡・育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030035928
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat