リンゴ耐湿性,病害虫抵抗性台木の育種素材の探索と利用(70)

リンゴ耐湿性,病害虫抵抗性台木の育種素材の探索と利用(70)

課題番号1993001202
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間継S58〜H08
年度1993
研究問題果樹の品種と台木の育成
大課題果樹の台木育成
中課題果樹台木の育種素材の探索と作出
小課題リンゴ耐湿性,病害虫抵抗性台木の育種素材の探索と利用(70)
摘要リンゴでは、わい化栽培の普及に伴い、わい性台木の根幹部の腐らん病の被害が問題になっており、腐らん病に対する抵抗性台木の育成が望まれている。本研究においては、各種リンゴ台木植物及び種間雑種実生を材料として、抵抗性個体を選抜する。各種リンゴ属植物について、腐らん病の毒素産生の基質となる樹皮のフロリジン含量を測定した。その結果、抵抗性のミツバカイドウのフロリジン含量は罹病性品種の2分の1以下であり、フロリジンの多少が腐らん病抵抗性と関連があることが示唆された。
研究分担盛岡・育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030035978
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat