寒冷地果樹品種の保存(89)

寒冷地果樹品種の保存(89)

課題番号1993001218
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間継S37〜H99
年度1993
研究問題果樹の品種と台木の育成
大課題果樹の遺伝資源の確保とその手法の開発
中課題果樹遺伝資源の保存と保存法の確立
小課題寒冷地果樹品種の保存(89)
摘要育種の素材として常時活用できるようにするため、保存方法は圃場における個体保存としている。保存個体数は、消失をさけるため1品種・系統当たり最低2個体である。また保存品種はすべてわい性台木に接木し、わい小個体として維持しており、これによって遺伝資源量の増大に対処するとともに、管理の省力化を図っている。平成4年度末の保存点数は、リンゴ679、セイヨウナシ36、オウトウ128、クルミ48、マルメロ7、カリン1、ベリー類58である。この数は生物資源研、種苗管理センターへの移管分を差し引いたものである。安全を期すため、移管品種・系統は、当分、当研究室でも重複して保存する。
研究分担盛岡・育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030035994
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat