細胞培養系の作出・安定化技術の確立−ナシ・モモ(119)

細胞培養系の作出・安定化技術の確立−ナシ・モモ(119)

課題番号1993001242
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間完H02〜H04
年度1993
研究問題果樹の育種技術の開発
大課題果樹類の生物工学的育種技術の開発
中課題果樹類の細胞培養技術の開発と利用
小課題細胞培養系の作出・安定化技術の確立−ナシ・モモ(119)
摘要本研究では落葉果樹において、器官組織からの直接再分化系を確立することを目的としている。平成4年度は、モモ未熟子葉で形成された不定胚の発芽条件および二次胚形成系の誘導条件について検討した。得られた不定胚を、500mg/lカゼイン加水分解物を含むMSホルモンフリー培地に移植し培養を続けた場合、二次胚形成による不定胚の増植が可能であった。ただし、増植の程度は必ずしも高いものではなかった。また、不定胚を10μM BAを添加したMS基本培地に移植し継代を重ねたところ、不定胚からの発芽が観察された。しかし、異常な発育を示す不定胚が多く、正常な個体が得られる頻度は低かった。
研究分担育種・育種1研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036018
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat