カンキツ類の染色体同定法に関する研究(126)

カンキツ類の染色体同定法に関する研究(126)

課題番号1993001250
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間完H01〜H04
年度1993
研究問題果樹の育種技術の開発
大課題果樹類の生物工学的育種技術の開発
中課題果樹類の染色体操作技術の開発と利用
小課題カンキツ類の染色体同定法に関する研究(126)
摘要酵素解離法による染色体標本作成と蛍光染色による観察を行うための処理条件の最適化を試みた。3品種のカンキツ根端を用いて試験を行なった結果、冷水による前処理は6℃、16時間が最適であった。また酵素解離法は37℃、2.0〜2.5時間で観察に適した染色体像が得られた。酵素解離法により作成した標本はDAPI、ギムザのいずれの染色法でも良好に染色され、ユズ、ダンシータンゼリン、トロビタオレンジ、バレンシアオレンジ、リスボンレモン、本地早のいずれの品種においても18本(2倍体)の染色体が観察された。DAPIで染色した場合、カンキツ属の前・中期染色体では蛍光強度が明らかに不均一であり、この手法によりカンキツの染色体同定が可能であると考えられた。本研究成果は論文として取りまとめ、報告した。
研究分担興津盛岡・育種1研育種2研育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036026
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat