落葉果樹における形質転換体の作出(132)

落葉果樹における形質転換体の作出(132)

課題番号1993001256
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間継H03〜H08
年度1993
研究問題果樹の育種技術の開発
大課題果樹類の生物工学的育種技術の開発
中課題果樹類の遺伝子操作技術の開発と利用
小課題落葉果樹における形質転換体の作出(132)
摘要本研究では、アグロバクテリウム法や遺伝子の直接導入法を用いて、落葉果樹類の形質転換体を作出するとともに、獲得された形質転換体における導入遺伝子の発現を明らかにすることを目的としている。平成4年度は、RuBisCO小サブユニットのプロモーターを接続したβ−グルクロニダーゼ遺伝子のキウイフルーツへの導入を行った。ヘイワードへの接種では、どちらの培地でも多数の不定芽がカナマイシン存在下で誘導されたが、再分化率としては、4PUを添加した培地の方が高かった。これに対して、モンティでは、どちらの培地でも不定芽がそれほど誘導されず、再分化率は低かった。
研究分担育種・育種1研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036032
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat