果樹の形質転換体作出法の開発(133)

果樹の形質転換体作出法の開発(133)

課題番号1993001257
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間継H04〜H06
年度1993
研究問題果樹の育種技術の開発
大課題果樹類の生物工学的育種技術の開発
中課題果樹類の遺伝子操作技術の開発と利用
小課題果樹の形質転換体作出法の開発(133)
摘要カキ次郎の休眠芽の葉源基を10μMゼアチン、1μMIAA、窒素成分を1/2にしたMS培地に置床し、暗条件で培養するとカルスが誘導された。カルスからの再分化は10μMゼアチン、0.1μMIAAに継代し明条件に置くと約6カ月後に観察された。また、誘導したカルスを用いて各種条件によるプロトプラストの単離を試みたが十分な量のプロトプラストを得ることはできなかった。
研究分担安芸津・育種法研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036033
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat