リンゴにおける早期結実性の遺伝様式の解明(145)

リンゴにおける早期結実性の遺伝様式の解明(145)

課題番号1993001269
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間継H02〜H05
年度1993
研究問題果樹の育種技術の開発
大課題果樹の交雑育種技術の効率化
中課題果樹の結果樹齢短縮技術の開発
小課題リンゴにおける早期結実性の遺伝様式の解明(145)
摘要リンゴにおける幼若期の長短は交雑親の組合せによって異なり、さらに同一組合せの実生群においても個体によってその長さが異なる。本試験では交雑実生の幼若性の遺伝様式を明らかにし、幼若性制御のための基礎資料とする。平成4年度は第4次育種試験の交雑実生群について結実開始の早晩を調査した。その結果、ゴールデンデリシャスを交雑親に使用した場合に早期結実性は最も高く、次いでつがる、紅玉の順に高かったが、ふじ及びスターキングデリシャスは低かった。ゴールデンデリシャスの後代における早期結実性は昨年度の結果とも一致した。
研究分担盛岡・育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036045
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat