野生種利用によるリンゴわい性台木の単為生殖系統の作出利用技術(151)

野生種利用によるリンゴわい性台木の単為生殖系統の作出利用技術(151)

課題番号1993001275
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間継H01〜H05
年度1993
研究問題果樹の育種技術の開発
大課題果樹の交雑育種技術の効率化
中課題果樹の結果樹齢短縮技術の開発
小課題野生種利用によるリンゴわい性台木の単為生殖系統の作出利用技術(151)
摘要リンゴ野生種に存在するアポミクシス特性をM.9、M.27等のわい性台木に導入し、単為生殖による種子繁殖性優良わい性台木の作出、利用のための技術を開発する。また、無性胚種子を効率的に獲得するため、雄性不稔性の利用についても検討する。これまでに、アポミクシスを示すM.hupehensis、雄性不稔品種のWicksonとわい性台木の M.9、M.27との交雑を行った。組合せによっては60%以上の結実率を示した。平成4年度その再確認を行ったが、M.hupehensisは極めて高いアポミクシス性を示し、M.hupehensis apo.sdlg.#3、#7及びTea Crabについても比較的高いアポミクシスが認められた。またM.hupehensisとM系台木の交雑では、高い結実率が認められた。
研究分担盛岡・育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036051
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat