生体反応による果樹の根機能の解明と制御に関する研究(157)

生体反応による果樹の根機能の解明と制御に関する研究(157)

課題番号1993001282
研究機関名果樹試験場(果樹試)
他機関東北農試
研究期間継H01〜H05
年度1993
研究問題果樹園の生産環境及び樹体栄養の要因解明とその制御
大課題果樹園の土壌生産力の要因解明と土壌診断技術の開発
中課題果樹園の土壌要因と樹体生育との関連性の解明と診断技術の開発
小課題生体反応による果樹の根機能の解明と制御に関する研究(157)
摘要淡色黒ボク土に生育する各種リンゴ台木の細根の活性を比較検討した。根径1mm以下の末端微細根のαーナフチルアミン酸化力活性は、M26〉マルバカイドウ〉M27であり、マルバカイドウと比較し、両わい性台木は、それぞれマルバカイドウのほぼ130%及び80%であった。反応開始後の3時間値と6時間値からみた酸化力持続性は、酸化力の低いM27が他よりもやや低かった。酸素消費量からみた呼吸量は、M26〉M27〉マルバカイドウで、その差異は酸化力の差異より小さかった。
研究分担栽培・土壌研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036058
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat