高糖系ウンシュウの結実生理の解明(190)

高糖系ウンシュウの結実生理の解明(190)

課題番号1993001316
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間完S62〜H04
年度1993
研究問題果樹の生理・生態特性の解明による栽培管理技術の開発
大課題果樹の結実生理の解明と結実安定化技術の確立
中課題果樹の生理落果の要因解明と結実制御技術の開発
小課題高糖系ウンシュウの結実生理の解明(190)
摘要高糖系の‘青島温州’を供試して、結実生理の試験を行った。第一段階として、着果負担の有無と光合成との関係について試験した。着果負担のない発育枝は着果負担のある発育枝に比較して光合成能が高く、その充実が進み、翌年の着花が増加した。第二段階として、摘果と光合成及び発育枝の充実の関係を試験した。6月に摘果した処理区の発育枝の9、10月並びに、摘果枝の10月の見かけの光合成速度は対照区に比較して高かった。9月の摘果でも発育枝の見かけの光合成速度が高まった。摘果は光合成能の向上を通じて、発育枝の充実に寄与することが明らかになった。
研究分担興津・栽培研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036092
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat