中晩生カンキツ台木の強弱が樹勢・果実品質に及ぼす影響(205)

中晩生カンキツ台木の強弱が樹勢・果実品質に及ぼす影響(205)

課題番号1993001334
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間継S50〜H07
年度1993
研究問題果樹の生理・生態特性の解明による栽培管理技術の開発
大課題果樹の収量・品質構成要因の解析と生産安定化技術の開発
中課題高品質,安定的多収,耐病虫性台木等の利用技術の開発
小課題中晩生カンキツ台木の強弱が樹勢・果実品質に及ぼす影響(205)
摘要大谷伊予柑について継続調査を行った。平成3年までと同様にシィクワシャー台、ナツミカン台の樹冠容積が大きく、ヒリュウ台は著しく小さかった。糖度はトロイヤーシトレンジ台、キャリゾシトレンジ台等で高く、ナツミカン台、ユズ台、ラフレモン台等で低かった。平成4年度は台木による品質差が明らかに認められ、全体的に樹勢の弱い樹は品質がよく、樹勢の強い樹で品質の劣る傾向が顕著であった。
研究分担口之津・栽培研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036110
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat