高知県で発生した日向夏の原因不明障害の原因究明

高知県で発生した日向夏の原因不明障害の原因究明

課題番号1993001357
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間新H04〜H05
年度1993
研究問題果樹病害の発生生態の解明と防除法の確立
大課題果樹病害の病原同定及び診断法の確立
中課題果樹の病原ウイルスの同定及び診断法の確立
小課題高知県で発生した日向夏の原因不明障害の原因究明
摘要高知県下で栽培されている日向夏の主枝、亜主枝などの切断面の年輪部が茶褐色となり、ヤニが吐出し、樹皮に亀裂を生じ、樹勢が衰弱するなどの症状がみられる原因不明の障害が発生し問題となっているのでその原因究明を行った。その結果、ヤニを吐出する病組織から糸状菌及び細菌の分離を試みたが分離率は極めて低かった。本症状は海外で報告されているコンケーブガムと類似しているので、検定植物のDweet tangorで検定したところ、典型的なoak−leaf patternが発現し、さらに健全な日向夏に接種したところ、接種部付近にヤニの吐出及び亀裂が見られたので、本障害はコンケーブガムの一種と同定した。
研究分担興津・病害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036133
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat