ブドウ根頭がんしゅ病菌の迅速検出技術の確立(238)

ブドウ根頭がんしゅ病菌の迅速検出技術の確立(238)

課題番号1993001361
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間延H01〜H06
年度1993
研究問題果樹病害の発生生態の解明と防除法の確立
大課題果樹病害の病原同定及び診断法の確立
中課題果樹の病原菌の分類・同定
小課題ブドウ根頭がんしゅ病菌の迅速検出技術の確立(238)
摘要PCRを利用したDNA多型解析によって、Agrobacterium 属細菌を迅速に同定することを試みた。手法としては平成4年度はPCR−RFLPを取り上げ、34菌株の本属菌を供試して検討した。すなわち、16S・rRNAのコード領域をPCRによって増幅した後、増幅産物を制限酵素処理して切断パターンの比較を行った。その結果、BsiHKA ■とEcoR ■処理によって、biovar 1、biovar 2グループ(biovar 2、キウイ株およびサクラ株)、biovar 3およびA.rubiの4つのグループ間で RFLPが検出できた。biovar 2グループについては、Bsm ■と Xba ■の2つの制限酵素の切断パターンにより、biovar 2、キウイ株およびサクラ株を互いに区別することができた。本法は非常に簡便であり、多くのサンプルを短時間に処理することができるため、本属菌を迅速同定する方法として有効である。
研究分担安芸津・病害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036137
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat