カンキツかいよう病菌の低密度菌量の検出法の開発

カンキツかいよう病菌の低密度菌量の検出法の開発

課題番号1993001366
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間新H04〜H06
年度1993
研究問題果樹病害の発生生態の解明と防除法の確立
大課題果樹病害の発生生態の解明
中課題果樹の病原菌のほ場動態の解明
小課題カンキツかいよう病菌の低密度菌量の検出法の開発
摘要カンキツかいよう病菌のほ場における生態を詳細に解明するために、低密度の菌を正確かつ迅速に検出する方法を開発する。現在、100℃で30分処理したカンキツかいよう病菌No.9011菌株をウサギに免疫して得たポリクローナル抗体を用いて、間接ELISAによる菌の検出を検討している。従来,間接ELISAでは、菌の検出限界は生菌で10,000個/mlであった。そこで、感度の鋭敏なペルオキシダーゼで標識したプロテインAを、コンジュゲートに用いたF(ab’)2間接ELISAにより菌の検出を試みた結果、ジャガイモ半合成液体培地中で培養した菌を用いた場合で約1,000個/ml以上で検出可能となった。今後さらに感度の向上を目指し、ELISAの諸条件を検討する。
研究分担口之津・病害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036142
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat