キウイフルーツ果実軟腐病発病防止を考慮した追熟及び長期貯蔵法の確立(247)

キウイフルーツ果実軟腐病発病防止を考慮した追熟及び長期貯蔵法の確立(247)

課題番号1993001368
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間継H02〜H05
年度1993
研究問題果樹病害の発生生態の解明と防除法の確立
大課題果樹病害の発生生態の解明
中課題果樹の発病に及ぼす環境条件等の影響の解明
小課題キウイフルーツ果実軟腐病発病防止を考慮した追熟及び長期貯蔵法の確立(247)
摘要薬剤防除により病原菌潜在率の低い果実の作出を行い、冷蔵貯蔵後一定期間ごとに果実を追熟して本病の発生を無防除のものと比較した。収穫果実の果皮における病原菌の潜在率は、防除区(発芽前にホワイトンパウダー10%加用ベンレート水和剤200倍、生育期にフロンサイド水和剤1000倍4回散布)では14.4%と無防除区の71.7%に比べて極めて低く、薬剤防除の効果が高いことを示した。貯蔵1か月及び3月後に両区の果実を20℃で追熟し、本病の発生を比較したところ、防除区の発病果率及び発病度は無防除区に比べて極めて低く、薬剤防除により果実の保菌率を下げることが本病の発病防止に有効であることが再確認された。
研究分担安芸津・病害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036144
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat