選抜カンキツトリステザウイルス弱毒株の圃場での有効性に関する要因解析(241)

選抜カンキツトリステザウイルス弱毒株の圃場での有効性に関する要因解析(241)

課題番号1993001376
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間継H04〜H08
年度1993
研究問題果樹病害の発生生態の解明と防除法の確立
大課題生物学的手法による果樹病害の防除法の確立
中課題干渉効果能を有する弱毒ウイルスの果樹への利用技術の開発
小課題選抜カンキツトリステザウイルス弱毒株の圃場での有効性に関する要因解析(241)
摘要CTV弱毒ウイルスを接種して、ほ場に植え付けた17年生の清見の生育状況について調査を行った結果、フリー樹及び弱毒ウイルス(M−8、M−16、M−10)接種樹の幹周、果径、樹勢は強毒ウイルス(S−1)接種樹に比べて優れていた。また、10〜11年生の森田ネーブルでも、清見同様、フリー樹及び弱毒ウイルス接種樹の生育が強毒ウイルス接種樹に比べて良好であった。果実重量は、果梗部のステムピッティングの発生が軽いほど重い傾向がみられた。弱毒ウイルスの中でM−15A、M−16Aが優れていた。現在両樹種について、検定植物のメキシカンライム及びユズ実生苗木に接種して検定を行っている。
研究分担興津・病害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036152
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat