弱毒ウイルス利用によるカンキツステムピッティング病の防除(253)

弱毒ウイルス利用によるカンキツステムピッティング病の防除(253)

課題番号1993001377
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間完S63〜H04
年度1993
研究問題果樹病害の発生生態の解明と防除法の確立
大課題生物学的手法による果樹病害の防除法の確立
中課題干渉効果能を有する弱毒ウイルスの果樹への利用技術の開発
小課題弱毒ウイルス利用によるカンキツステムピッティング病の防除(253)
摘要森田ネーブルと吉田ネーブルのカラタチ台ウイルスフリー苗に弱毒系統No.145とNo.1605を別々に接木接種し、網室で2年育苗した後の58年ほ場に定植した。4年後から7年後まで弱毒系統(特にNo.145)の効果が現れ、後年ほどその差が大きくなった。しかし、8年目に2度の台風(塩害と風速50m以上)の被害を受けた。ほとんどの樹は樹勢が極端に弱まり、枯死樹も出た。1年後の本年でも樹勢の回復がなく、被害が不均一だったために今後の試験継続が困難となったので、本試験は終了することにした。本研究の7年目までの成果によって、森田ネーブルにおけるNo.145の効果は明らかに大きいことを示すことができた。
研究分担口之津・栽培研病害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036153
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat