リンゴに発生する主要ハマキムシ類の繁殖戦略の解明(272)

リンゴに発生する主要ハマキムシ類の繁殖戦略の解明(272)

課題番号1993001400
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間継H04〜H08
年度1993
研究問題果樹害虫の発生生態の解明と防除法の確立
大課題果樹害虫の生理的諸特性及び行動の解明
中課題果樹害虫の生理的特性及び行動の変異とそれが個体群に及ぼす影響の解明
小課題リンゴに発生する主要ハマキムシ類の繁殖戦略の解明(272)
摘要ミダレカクモンハマキ雌成虫を所定の日齢で雄と組合わせることにより、交尾の遅れが産卵能力に及ぼす影響を調査した。交尾率は羽化当夜から一週間後まで高く経過し、以後低下の傾向を示した。交尾に成功した雌においては、交尾が遅れるにつれて産卵期間が短縮し、個体当たりの産卵数が低下した。産卵個体の割合及び産下卵の受精率は4日目までは大きな変化がなかったが、以後減少を始め、6日目以降の低下が極端であった。これらの結果から、交尾日齢ごとの受精卵期待産卵数(=交尾雌率×産卵雌率×受精卵率×産卵総数×その日までの生存率)を求めたところ、交尾が6日以上遅れると顕著な増殖阻害が起こることがわかった。
研究分担盛岡・虫害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036176
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat