果実における酸化・還元成分の微量迅速測定法の確立とそれら成分の機能特性

果実における酸化・還元成分の微量迅速測定法の確立とそれら成分の機能特性

課題番号1993001448
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間単H05〜H05
年度1993
研究問題果実における流通利用技術の確立
大課題果実の生理機能発現機構の解明とその応用技術の確立
中課題果実品質の生理機能発現要因の解明と制御技術の開発
小課題果実における酸化・還元成分の微量迅速測定法の確立とそれら成分の機能特性
摘要植物に含まれるポリフェノール類は生体内の酸化・還元に重要な生理的役割を演じていることが知られている。一方、果実・野菜では貯蔵中の生理障害に伴う褐変や果汁飲料製造時の褐変の原因物質となるのでポリフェノール類の酸化反応をいかに制御するかは重要な課題である。リンゴ果汁は褐変し易く、果汁製造時の褐変反応が品質に及ぼす影響は大きい。そこでカルシウム処理及び肥培管理によるリンゴ果実の褐変抑制機構をポリフェノール類の動態と褐変誘導酵素の生合成過程に注目して解明し、高品質果汁生産技術の開発に役立てる。
研究分担盛岡・流通利用研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036224
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat