索餌域におけるマイワシの餌料環境の構造と変動様式の解明(11)

索餌域におけるマイワシの餌料環境の構造と変動様式の解明(11)

課題番号1993004954
研究機関名北海道区水産研究所(北水研)
研究期間延H01〜H07
年度1993
研究問題水域特性の総合評価技術の確立
大課題北方亜寒帯水域における水域特性の把握技術と情報の総合化手法の開発
中課題北海道周辺及び北方水域における水域特性情報の総合化手法の開発
小課題索餌域におけるマイワシの餌料環境の構造と変動様式の解明(11)
摘要サイズ別ネットによるマイワシ餌料生物調査によって、マイワシの主要な索餌域である亜寒帯前線以北の太平洋では、亜寒帯前線以南の太平洋に比べ餌料生物量が有意に多く、この餌料生物量の差は主に動物プランクトン量の差によるものであることが明らかになった。また餌料生物密度のきわめて高い海域には暖・冷水塊、親潮等の流動構造がみられることが多いことから、何等かの流動構造によって好適な餌料環境が形成される可能性が示された。さらに飼育実験で求めたマイワシ胃内容物回転率を用いることによって、昨年までに確立された胃内容物化学分析による定性的食性推定法と併せて、索餌域におけるマイワシ摂餌行動の定性的・定量的判定法が確立された。
研究分担海洋環境・海動態研生環研(部長)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036250
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat