東北・北海道太平洋海域におけるスルメイカ・アカイカの北上来遊量水準の推定(24)

東北・北海道太平洋海域におけるスルメイカ・アカイカの北上来遊量水準の推定(24)

課題番号1993004970
研究機関名北海道区水産研究所(北水研)
研究期間継H04〜H06
年度1993
研究問題水産資源の変動機構の解明
大課題北海道周辺及びその接続海域における水産資源の分布量及び変動要因の解明
中課題ニシン,スケトウダラ,イカ類等の資源量の推定と来遊量の予測
小課題東北・北海道太平洋海域におけるスルメイカ・アカイカの北上来遊量水準の推定(24)
摘要4年の6月に東北沖合で、7月に道東沖合で調査船調査を行った。これら調査結果に加え、北上期の漁場一斉調査結果及びその他の関連する調査船調査の結果の解析を行った。これらの解析結果に基づいて、スルメイカとアカイカの北上来遊量水準の予測を行った。スルメイカについては前年を上回る水準と、アカイカについては、前年を下回る水準と推定された。これらの推定結果は、7月のスルメイカ漁況予測と8月のアカイカ漁況予測の実施に際して基本的資料として利用された。スルメイカの北上回遊経路を推定するため7月の調査船調査において、道東沖合でスルメイカ666尾を標識放流した。その内の1尾が10月に道東沿岸で再捕され、沖合から沿岸への回遊経路の存在が示された。
研究分担資源管理・頭足資研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036266
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat