ホッキガイの初期資源動態に関する研究

ホッキガイの初期資源動態に関する研究

課題番号1993004990
研究機関名北海道区水産研究所(北水研)
研究期間新H05〜H07
年度1993
研究問題有用水産資源の培養及び管理技術の確立
大課題北海道海区における資源培養及び管理技術の確立
中課題砂泥域における魚介類の生産機構の解明
小課題ホッキガイの初期資源動態に関する研究
摘要北海道沿岸におけるホッキガイ漁場造成の例のように、沿整事業に膨大な資本が投下されている。このような努力にもかかわらず、稚貝発生密度の年次別変動は非常に大きく、また漁獲量の増大化に対しても、持続的な効果が認められる事例は少ない。そこで、本研究では稚貝期の初期減耗に焦点をあて、ホッキ稚貝の成長と生残についての飼育実験と底面環境計測を同時に実施することにより、稚貝期の資源動態を場の環境特性との関係で解明する。得られた知見をもとに、漁場造成条件や人工種苗の適正放流方法等について具体的な提示を行う。
研究分担資源増殖・魚介増殖研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036286
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat