北陸地域における越冬野菜の雪害機構の解明(28)

北陸地域における越冬野菜の雪害機構の解明(28)

課題番号1993002533
研究機関名北陸農業試験場(北陸農試)
研究期間完H01〜H04
年度1993
研究問題多雪地農業における克雪技術の確立
大課題多雪地における越冬作物の生産性向上技術の確立
中課題越冬作物の生産安定向上技術の確立
小課題北陸地域における越冬野菜の雪害機構の解明(28)
摘要エンドウは越冬する作物の中では耐雪性が弱い作物に属するため、枯死株率から耐雪性を判定することが適切と考えられた。耐雪性の強弱と、越冬前地上部乾物重、貯蔵性炭水化物、乾物率、開花日等の間に相関が認められた。エンドウの全研究期間の成果を「サヤエンドウの耐雪性の選定と北陸地域における播種適期」として取りまとめ、地域及び専門調整区分の主要成果として採択された。ソラマメは、枯死株の発生が少ない品種では播種期が早いほど茎葉枯死程度が大きくなるが、越冬後の生育量が旺盛で収量が多くなった。しかし、播種期が早くても枯死株の発生が見られる品種では、播種期、茎葉枯死程度、収量との間には相関が見られなかった。また、ソラマメはエンドウのように越冬前の諸形質と、越冬株率や収量性の間には何の相関も認められなかったことから、エンドウとは雪害機構が異なると考えられ新規課題に引き継ぐこととした。
研究分担地域基盤・越冬生理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036321
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat