非破壊分析法による成分・加工適性測定技術の開発(40)

非破壊分析法による成分・加工適性測定技術の開発(40)

課題番号1993002539
研究機関名北陸農業試験場(北陸農試)
他機関食総研;農研セン
研究期間継H03〜H05
年度1993
研究問題多雪地農業における克雪技術の確立
大課題多雪地における越冬作物の生産性向上技術の確立
中課題越冬作物の生産安定向上技術の確立
小課題非破壊分析法による成分・加工適性測定技術の開発(40)
摘要実需者の連絡試験の小麦試料40点を用いて、成分としてアミロース含量、加工適性として製粉歩留まり、糊化ブレークダウン/セットバック、ゆで麺官能総合評価点について、近赤外分光分析法のための較正式を作成した。ヨード呈色法によるみかけのアミロース含量に対し、標準回帰法によって作成した較正式の重相関係数Rは0.83であり、標準誤差が1.23であった。選定波長に関東100号と関東107号で相違する波長を含んでいた。製粉歩留まり(標準回帰法)は、Rが0.74、標準誤差が1.53であり、糊化特性(BD/SB)は、Rが0.75、標準誤差が0.18であり、ゆで麺官能総合評価点は、Rが標準回帰法で0.84、PLS法で0.96であった。次年度は、これらの較正式を未知試料によって検定する予定である。
研究分担水田利用・品質評価研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036327
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat