米の品質に及ぼす塩素系肥料の生理的機能に関する解析的研究

米の品質に及ぼす塩素系肥料の生理的機能に関する解析的研究

課題番号1993002575
研究機関名北陸農業試験場(北陸農試)
他機関研究交流
研究期間単H04〜H04
年度1993
研究問題北陸平担水田地帯における総合生産力向上技術の確立
大課題積雪地帯における高生産性稲作技術の確立
中課題水稲の品質向上技術の確立
小課題米の品質に及ぼす塩素系肥料の生理的機能に関する解析的研究
摘要塩素系肥料の施用が水稲の生育・収量、米の成分組成に及ぼす影響の解明と品質向上を目指した塩素系肥料の施肥技術を明らかにするため、塩安施用区と硫安施用区を設定して、生育・収量調査および収穫された米の食味について分析を行った。その結果、生育は塩安区が硫安区に比べ草丈・茎数が勝り、乾物重が増加し、更に稲体の窒素吸収量も多く、同一施肥条件では硫安区より塩安区の方が精玄米収量、藁収量ともに多かった。収穫された米について官能試験、近赤外分光分析、窒素含有率等の食味関連の項目を調べたが、区間の明確な差はなかった。ただし、塩安施用区では、窒素吸収量や収量が高い割に白米中の窒素含有率は低くなり、塩安の施用により食味を大きく低下させることなく収量を高めうる可能性が示唆された。
研究分担水田利用・土壌管理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036363
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat