稲病害に対する新殺菌剤の作用特性に関する研究

稲病害に対する新殺菌剤の作用特性に関する研究

課題番号1993002580
研究機関名北陸農業試験場(北陸農試)
他機関農環研
研究期間単H04〜H04
年度1993
研究問題北陸平担水田地帯における総合生産力向上技術の確立
大課題積雪地帯における高生産性稲作技術の確立
中課題水稲の生産環境制御技術の確立
小課題稲病害に対する新殺菌剤の作用特性に関する研究
摘要新しく開発されたイネいもち病防除薬剤としてB−501水和剤及びB−502フロアブル、イネ褐条病防除薬剤としてKNF−320フロアブルの作用機作、防除効果および薬害の有無について検討した。B−501水和剤の2000倍、4000倍液及びB−502フロアブル1000倍、2000倍液散布区では、葉いもち病および穂いもちの発生が少なく、対照薬剤ビームゾル1000倍液散布と同等の防除効果が認められ、薬害もなく、実用性があると考えられた。KNF−320フロアブルの200倍液24時間、20倍液10分間浸漬、20倍液スラリー処理、7.5倍液吹付け処理は、対照薬剤のカスガマイシン液剤の1000倍液24時間浸漬と同等の防除効果を示した。一方、薬害としては発根阻害や初期生育の遅延が認められたが、その程度は軽微で、マット形成にも支障なく、実用性が高いと考えられた。
研究分担水田利用・病害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036368
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat