肉用牛に対する熱帯原産マメ科植物の飼料利用技術(100)

肉用牛に対する熱帯原産マメ科植物の飼料利用技術(100)

課題番号1993002599
研究機関名北陸農業試験場(北陸農試)
研究期間継H03〜H09
年度1993
研究問題北陸平担水田地帯における総合生産力向上技術の確立
大課題積雪地帯における水田高度利用技術の確立
中課題水田生産飼料資源の高度利用による家畜飼養技術の開発
小課題肉用牛に対する熱帯原産マメ科植物の飼料利用技術(100)
摘要高タンパク質飼料として有望なセスバニアカンナビナの反芻家畜への安全性を検討するため、セスバニアサイレージを約7カ月齢のホルスタイン去勢牛6頭に3カ月間給与し、対照区のアルファファ給与牛と比較検討した。日増体量はセスバニア区が0.72kg、対照区が0.80kgとセスバニア区が少なかったが有意差はなく、臨床所見や血液成分の推移に差はなかった。さらに、繁殖性への影響をみるため、シバ山羊12頭を用いて妊娠期間中7頭にはセスバニアを、5頭には対照としてアルファルファを給与したが、いずれの山羊も正常に分娩し、子山羊にも異常は認められなかった。これらのことからセスバニアカンナビナは反芻家畜の飼料として利用可能と考えられた。
研究分担水田利用・家畜飼養研管理衛生研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036387
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat